ABOUT

MHAK as MASAHIRO AKUTAGAWA
1981年會津若松生まれのペインター。デザイナーズ家具や内装、様々な空間に影響を受けたことから絵画をインテリアの一部として捉え、「生活空間との共存」をテーマに内装壁画をメインとした制作活動を行う。空間と絵画を共存させることは絵画そのものを雰囲気として認識させる必要性があると考え、抽象表現にこだわったスタイルを追求し、曲線で構築し反復する独特なスタイルを造り上げた。その独特なスタイルで個人邸やホテルなど数々の内装壁画を手掛ける一方、生活空間と共存するパネル作品の制作活動も行い、自身初の個展をアメリカ・ポートランドで開催。この個展を皮切りに国外での活動も視野に入れた活動を開始。これまでにアメリカ(ニューヨーク・ロサンゼルス・ポートランド)、アルゼンチン(ブエノスアイレス)、オーストラリア(シドニー・メルボルン)、ミラノ、北京で作品を発表。また東日本大震災を期に故郷である福島でのアート活動も勢力的に行っている。故郷の伝統工芸や観光地とのコラボレーション、クリエイティブ集団『81BASTARDS』の一員などその活動は多岐に渡り、独特な世界観を拡げ続けている。
MHAK was born in Aizu Wakamatsu city, Fukushima. Highly inspired by designer furniture and interiors, he has mainly been working on mural painting inside the buildings.
He considers painting as a part of interior and the theme for his artwork is to coexist with living environment. He had worked on many hotels and private houses utilizing his distinctive style of curve lines and repetitions. Believing his paintings have to be recognized as an atmosphere rather than an object, MHAK sticks to abstractness.
He has showcased his work in the US (NYC, LA and Portland), Argentina (Buenos Aires), Australia (Melbourne, Sidney) and Italy (Milano). Since the April 2011 Fukushima earthquake had occurred, he’s been conducting many art events in his hometown, collaborating with their traditional crafts and tourist spots.
He is also active as a member of 81 BASTARDS.